地震が発生したときに役立つ知識

地震予知ネット

一番は備えておくこと

地震は完全に予知することが難しいものです。そのため地震が発生したときは、どうしてもパニックに陥ってしまいます。正確な判断をするためにも事前に情報を仕入れておくことや、防災グッズを揃えておくなどの心がけは非常に大切です。災害が起こった時は、まずは自分と家族の身の安全を確保することを第一としましょう。地震が起きたときには、靴は必ず履いておく必要があります。家の中であったとしても、ガラスの破片などが散乱していて非常に危ないことも多いからです。

地震が起きたら

婦人

まずは水を確保すること

地震が起きたときにまず考えたいのが水を確保することです。生活で一番必要となるのは水だからです。そのために、日頃から緊急用の水を用意しておくことや、地震が起きたときには湯船やバケツに水を貯めておくことが望ましいでしょう。飲み水としての水ももちろん必要となりますが、トイレで水が流せないという事態も怖いものです。トイレが流せないという事態により、不衛生な環境となってしまうことがあるのです。そうなると、二次災害が発生するような恐れもあります。水がどうしても確保できないというような緊急時には、公園などで水を確保するということも可能なので覚えておきましょう。水を運ぶ時は、一人では運ぶことは非常に大変です。水を他の場所から運びこむ時には、数人で向かうようにすると良いでしょう。

ブレーカーのチェック

地震が起きたら、身の安全を確保することがまず第一となります。家を出る時に確認しておきたいのが、ブレーカーです。ブレーカーがONになっていることで、火災が発生するケースがあります。地震による火災では、通電によるものが多くを占めています。ちょっとした心がけでも火災を防ぐことができますので、知識として覚えておくと良いでしょう。電気は一度ストップすると、復旧までに時間がかかってしまうものです。電気だけでなく、水道やガスも供給がストップされると電気以上に復旧に時間がかかってしまうと考えておいた方が良いでしょう。

連絡はほとんど取れない

地震が発生すると、電話がつながらないものと考えておきましょう。地震発生直後でしたら、つながる可能性はあります。家族の安否を確認するなら、地震が発生してから10~20分以内であれば大丈夫かもしれません。また、この際の連絡は必要最低限にしておきましょう。なぜなら回線が非常に混み合うために、本当に緊急の電話をしたい人が電話することができないという事態になってしまうからです。また、メールなど電話以外の手段を取ってみることも1つの方法と言えます。電話が通じない場合は、インターネットや災害時の掲示板を利用することもおすすめします。普段から、災害時はここで連絡を取り合おうと言ったことを決めておくと良いでしょう。連絡手段は電話だけではありません。その他の手段をりようして、家族の安全を確認しましょう。

広告募集中